0

「次世代型」就農支援を受け、新規就農したい方を募集します!

食品を作りたい

このプロジェクトの
合計トリブン
100

サポーター:

プロジェクトオーナー
井上 守 井上果樹園
サポーター数
5
プロジェクトのフェーズ
アイデアの構想段階
場所
愛媛県
ファンダー数
0

どのようなプロジェクト?

私たちは、農薬を使わず、自然に優しい有機栽培に取り組む「井上果樹園」を営んでいます。瀬戸の島々をめぐる「しまなみ海道」の四国の玄関口、愛媛県今治市の園地で、みかんを始めとする20種類以上の柑橘類、キウイフルーツ、ベリー類、野菜類などを心を込めて育てています。 当園では、次世代型就農支援を受けて「新規就農したい方」を募集しています。 独立就農に必要な園地の収得・整備、生産技術の収得だけでなく、独立後の販売等、新規就農者としての当園の経験を元に支援させて頂きます。 興味のある方はぜひ、ご一報ください!見学・体験可能です。

なぜやりたいのか?

現在、私たちは3.5haほどの農地を管理していますが、そのうち70%は育苗中の園地です。 成木園地の割合が増えれば雇用形態も可能ですが、サラリーマン農業は難しいと言う声がおおく上がっています。また一方で、このままでは、労力不足で未来の農業は行詰り状態になります。 当園としては、研修が終わるまでには育苗が進みますので、独立就農の核になる園地として提供し、グループの一員として一緒にやって頂きたく、期待しております! 当園の栽培方法について詳しく知りたい方は、現代農業 2017年6月号 196ページに紹介されていますので、ぜひご覧ください。

プロジェクトオーナーはどんな人?

当園が手間のかかる有機栽培に取り組む理由は、「食べる人が元気になれるような、自然本来の、安心で美味しい果物をつくりたい。」「恵みをくれる郷土“今治”の自然を、大切に次の世代へつなぎたい。」という想いから。 日本中の食卓で安心して食べていただくため、栽培方法には妥協せず、徹底的にこだわり抜いています。ぜひ、想いに共感頂ける方と一緒に、未来の農業を作っていきたいです。