食品を作りたい 愛媛柑橘の有機栽培技術の継承と普及に一緒に取り組みませんか?【JALワーケーションプログラム専用】

    チャレンジャー

    founderName 井上 守 井上果樹園

    場所

    愛媛県

    目標金額

    450,000円

    クリックしてプロジェクトを応援しよう!

    プロジェクトへの期待値

    7,500

    サポーター人数

    5

    チームメンバー人数

    13

    プロダクト完成まで残り

    63
    愛媛柑橘の有機栽培技術の継承と普及に一緒に取り組みませんか?【JALワーケーションプログラム専用】

    どんなプロジェクトですか?

    井上果樹園では、瀬戸の島々をめぐる「しまなみ海道」の四国の玄関口、愛媛県今治市の園地で、みかんを始めとする20種類以上の柑橘類、キウイフルーツ、ベリー類、野菜類などを、農薬を使わず自然に優しい有機栽培で取り組んでいます。心を込めて育てている農園では、現在、全体の約7割の園地で「有機JAS認証」を受けており、試行錯誤の毎日ですが、自然の恵みを生かす農業を実践しています。

    果樹は、四季折々に様々な手入れが必要になります。草むしり、水やり、剪定、収穫、などなど・・・。今回のプロジェクトでは、参加された皆様にぜひ、自然たっぷりの当果樹園のお仕事を手伝っていただきたいと思います。「有機農業の将来性」や「自然の恵みの素晴らしさ」を、ぜひ感じにおいでください。

    なぜやりたいのですか?

    全国でも、当農園のようにみかんやキウイを育てる農家は沢山いますが、農薬や化学肥料を一切使わない有機栽培に取組む農家は、まだまだほんの僅かです。私たちは、自然を壊さない環境循環型農業を志し、味を良くする肥料も手作りというこだわりの有機栽培を営んでいます。

    実は、長い間をかけてじっくり熟すミカンなどの柑橘類は、病害虫の影響も受けやすく、いわゆるスーパーに並んでいるような見かけの綺麗な果実を「農薬を使わないで」得るのは非常に難しいのです。

    本来は、やはり生食で食べていただくのが一番。時期さえあえば、ワーケーションで今治に来られた方にも無農薬のミカンをぜひ食べてもらいたいところですが、少しでも傷がつくと、味の品質への影響はなくても、手塩にかけた収穫物の商品価値が半値以下に下がってしまうのが現状です。

    私たちは、それに対処するために、加工品にも取り組んでいます。これまでジュースやリキュールづくりにもチャレンジしてきました。また、食品メーカーなど業務用の出荷販路の開拓にも取り組んでいます。

    あなたはどんな人ですか?

    私たちが手間のかかる有機栽培に取り組む理由は、「食べる人が元気になれるような、自然本来の、安心で美味しい果物をつくりたい。」「恵みをくれる郷土“今治”の自然を、大切に次の世代へつなぎたい。」という想いからです。

    日本中の食卓で安心して食べていただくため、栽培方法には妥協せず、徹底的にこだわり抜いています。ぜひ、この想いを広めていただける方とご一緒に、活動に取り組んでいきたいです。

    何をカタチにするのですか?

    「伊予柑ジュース」1本 他

    「伊予柑ジュース」1本 他

    本プログラムは、日本航空社と共同で実施する”新しい働き方”の実証事業『JALワーケーションプログラム』の専用プロジェクトとなっております。共同で開発した商品は、共同のプロモーションや既存の販路への流通他、地域への還元を行っていきます。

    伊予柑は、甘味だけでなく、酸味と苦味の3種の味が奇跡的バランス取れた果実です。その味を再現する特別な絞りで提供する1本です。

    • 募集中

      その他

      <果樹園の整備手伝い>

      果樹園において草刈りや畑の耕作、灌水(水やり)など手伝っていただける方を募集します。

      夏の暑い時期ですので、体力的にも非常にハード、ですが、やり終えた後の達成感は何事にも代えがたいものがあります!

    • 募集中

      事業開発

      <柑橘レシピの開発・販路開拓>

      私たちは、ジュース搾汁やジャムの栽培、リキュール製造などを通じて、「農作物の高付加価値化」を模索しています。

      新商品の開発に向けて、レシピを考えていただける方や、商品の販路拡大に向けてアイデアを一緒に考えていただける方を募集します!

    • 募集中

      プロデューサー・ディレクター

      <地域のブランディング>

      消費者に安心感を与え自信をもって届られる道は果樹園経営がその第一歩に適しているという主義を持ち、後進の育成にも力を入れています。

      そして、将来的には純農村地帯の大西地区でのツーリズム展開も構想しています。ぜひ、この構想をご一緒に考えていただける方をお待ちしています!

    • 募集中

      その他

      <自転車×農業体験ツアー企画>

      農業に関心がある方も、観光で訪問したのに、1日中農業作業というのはキツイ、という方もいらっしゃいます。

      早起きして午前中は農作業。午後は、せっかくなのでしまなみ海道や今治の街中、山間部をサイクリングしたい、という方に向けたプラン作りもお願いできると嬉しいです。

    クリックしてプロジェクトを応援しよう!