ITサービスを作りたい 『音声入力で、タッチレスPOSを使える時代に!』

    チャレンジャー

    founderName イーオーガナイザー研究所 半田隆均

    場所

    東京都

    目標金額

    24,000,000円

    クリックしてプロジェクトを応援しよう!

    プロジェクトへの期待値

    12,000

    サポーター人数

    1

    チームメンバー人数

    5

    プロダクト完成まで残り

    0
    『音声入力で、タッチレスPOSを使える時代に!』

    どんなプロジェクトですか?

    『音声入力でデータ化』は、手書きや、キーボード入力に比べて、ITリテラシーの劣った老人でも、新人でも音声入力なら簡単に『デジタルデータ』の入力が行えます。データの入力に関して『音声入力でデータ化』を活用すれば、デジタイズ(デジタル化)から、本当のデジタライゼーションが開始出来ます。2023年10月からインボイス制度が開始され、企業は、請求書や領収書に『適格事業者番号』を記載します。軽減税率対象製品の表示や、消費税を表示する必要が有ります。生鮮食品を販売している、八百屋、果物屋、魚屋、肉屋、パン屋等、バーコードが添付不可の商品を販売するお店では、POSレジが使用出来ない為に、IT化、DX化が遅れ、この課題を解決する必要が有ります。FAXで送信する受発注業務へも展開出来ます。

    なぜやりたいのですか?

    IT業界で長年の経験と、新規ビジネスの営業活動を行なってきましたので、UX『ユーザーの(デザイン、ビジネス、テクノロジー(機能))三つがそれぞれ混じりあうことで生まれる体験・経験』の基本である『バリュー・ジャーニー』になるのではないかと考えています。中々進まない、日本のデジタル化、DX化、IT化の推進に貢献がしたいと、考えております。デジタル化は目的ではなく、デジタイズ(デジタル化)を真のデジタライゼーションにするならば、デジタルデータを継続して、次工程に送る業務を行っていく事です。各種業務処理サイクルの、インプット、プロセス、アウトプットの最初の部分、インプット、データ入力の自動化の採用が重要になります。データ入力の自動化とデジタル化により、業務や仕事での『三方良し』、消費者、企業側、従業員へのソリューションとして考えてました。まさに、アントレプルナー精神で『バリュー・ジャーニー』を作れる人間は、多くはいないと考えます。

    あなたはどんな人ですか?

    73歳のおじいさんです。日本IBM社で新規開拓専門の営業職を長年経験してきました。隠れた課題を解決する事が大好きです。今まで、14件のビジネスモデル特許の申請を行い、13件連続して取得しています。各種の自動認識技術(目視、画像、QRコード、音声)を使用しています。今回は、音声技術を使用した特許ですが、これ以外の特許も是非ご紹介して行きたいと、思っています。忘れ物支援や、冷蔵庫の中の賞味期限管理などはQRコードを使用したソリューションです。受付業務の属性情報を記入したり、コールセンターで属性情報をやり取りする時に、自動で属性情報を入力できる、『音のQRコード』等もご紹介したいです。

    半田隆均

    イーオーガナイザー研究所

    半田隆均

    何をカタチにするのですか?

    バーコードの付かない商品を販売する小売店さんが、POSシステムを簡単に導入が出来ます。2023年10月開始のインボイス制度に対応し、販売管理が行え、API連携で消費税の申告の事務作業や、税金の申告作業へも連携されます。

    バーコードの付かない商品を販売する小売店さんが、POSシステムを簡単に導入が出来ます。2023年10月開始のインボイス制度に対応し、販売管理が行え、API連携で消費税の申告の事務作業や、税金の申告作業へも連携されます。

    生鮮食品を販売する小売業がPOSを使用出来ないのは日本だけでは無く、世界中同じ問題を抱えています.IBM Watsonの翻訳機能を使用して外国語で音声入力して,日本語変換してデータ化して,再度外国語へ変換して表示させると,大きな貢献が可能だと考えます.又、コロナウイルス禍の最中、タッチレスが試行されていますが『音声入力でデー化』はその『タッチレスPOS』として使用出来ますので、コロナウイルス禍対応としても最適だと考えています。

    2023年10月からインボイス制度が開始されます。この隠れた問題点、年商1千万円以上の企業は、軽減税率対象の商品の表示と小計を行ってから各消費税の計算をする事は、広く問題点と認識がされていない、現状の課題を解決する。
    日本国内に限らず、全世界のバーコードが添付できない商品を、販売している小売業。バーコードが付かないので、POSが使用できない課題を解決できる。
    FAXを使用して受発注業務を行っている企業。手書き入力されたFAXの発注書のデータ入力の課題を解決できる。
    新幹線や旅行などの発券業務を行っている企業。音声入力で発券業務が行える。
    製造業の製造過程の工程管理に課題を持っている業界。保守・点検・修理などの作業時の手書き入力や、就労後に引き継ぎ書へ記入などの課題へ適用できる。
    ITリテラシイーの劣っている、老人や新入社員を雇用する企業。高度なITの知識が無くても、普通に発音、発声するだけで、音声入力でデータ入力が出来る。

    • 募集中

      オープン(職種問わず)

    • 募集中

      エンジニア

      IBM CloudとIBMWatosonのSpeech to TEXTを使用した音声入力で、APIの仕様が公開されている、市販されているTABLET POSの売り上げ入力画面にポーティングを行える様に、開発の支援を行える、開発技術を持った人

    • 募集中

      営業

      次の世代に役に立つ、隠れた課題を解決する事に夢を追って、お客様の課題解決をお手伝いする事をしたいと思っている人。

    クリックしてプロジェクトを応援しよう!